So-net無料ブログ作成
検索選択

韓国籍牧師、女性信者への乱暴を否認 水戸地裁土浦支部で初公判(産経新聞)

 茨城県つくば市内の教団施設内で信者の女性にわいせつな行為をしたとして、準強姦罪に問われた韓国籍のキリスト教牧師、卞(ビュン)在昌(ジェーチャン)被告(61)=土浦市小岩田東=の初公判が水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)で開かれ、卞被告は「全体的に申し上げて、そんなことはあり得ない。全面的に否認します」と起訴事実を否認した。

 検察側は冒頭陳述で「神に従わないと祝福のない人生を歩むと信じ込ませ、長期にわたり、わいせつ行為を繰り返した」と指摘した。一方、弁護側は「当日は韓国から宣教師が来ており、被告は接待をしていたので、そんな状況はあり得ない」と主張した。

 起訴状によると、「国際福音キリスト教会」の主任牧師だった卞被告は平成19年2月17日ごろ、つくば市内の教会内で当時20代の信者に対して「(卞被告に)従わなければ苦難、祝福のない人生を歩む」などと話し、「卞被告に従うしかない」と思わせ、抵抗できない状態にした後、乱暴したとされる。

 次回の公判では、証拠調べや被告人質問が行われる。

【関連記事】
女性信者にわいせつ行為 韓国人牧師逮捕
「私は神と同じ」… 信者にわいせつ容疑の韓国人牧師の素顔
「宗教儀式」表面化しにくい聖職者のわいせつ行為
「教団施設でわいせつ」牧師を提訴 元信者の女性4人
強制わいせつの職人社長、実は敬虔なクリスチャン

【健康】ストックウオーキングで全身運動 体への負担少なく効果大(産経新聞)
変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)
<虐待>同居の4歳女児殴る 26歳の男を容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
山崎さん、物資搬送ほぼ終了=コンテナ収納へ−2度目の「目覚まし曲」(時事通信)
BoA、約2年ぶりの全国ツアー最終公演=「やりたい音楽を続けたい」(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。